老女的少女ひなたちゃんの感想:中身はおばあちゃんなのに可愛い

桑佳あさの漫画「老女的少女ひなたちゃん」を読んだので感想を投稿します。おばあちゃんが幼女に生まれ変わるお話。外見は可愛いんだけど中身が・・・w
MENU

老女的少女ひなたちゃんの感想:中身はおばあちゃんなのに可愛い

タイトルと絵の可愛さに惹かれて「老女的少女ひなたちゃん」という漫画を読みました。

 

ちなみに"老女的少女"と書いて"おばあちゃんしょうじょ"と読みます。

 

タイトル通り、おばあちゃんみたいな少女・ひなたの日常を追っていく物語です。

老女的少女ひなたちゃんのあらすじ

三芳とよ(88歳)は交通事故にあって死んだ。

 

そして、気が付けば日向(ひなた)という赤ん坊に生まれ変わっていた。

 

そんなひなたももう幼稚園生。

 

おばあちゃんの時の記憶を引き継いでいる弊害で、言葉遣いとか食べ物の好みとかが、いちいちおばあちゃんっぽい。

 

そんなひなたは、幼稚園でも「おばあちゃんっぽい」と評判だ。

 

これはそんなひなたの日常を追っていく物語。

老女的少女ひなたちゃんの主な登場人物

日向(ひなた)
幼稚園生。生まれ変わる前は、三芳とよという名前で88歳のおばあちゃんだった。
その時の記憶を引き継いでおり、赤ん坊の頃から折り紙で鶴を折ったり、言葉を理解できた。
好きな食べ物は大根そぼろあんかけ。あとどくだみ茶が好き。
言葉遣いも「〇〇だっぺよ」とか「〇〇だべ」とか言ったり、いちいちおばあちゃんっぽい。

 

文夏(もか)
ひなたと同じ幼稚園に通う女の子。デカいリボンがトレードマーク。
ひなたと行動を共にすることが多い。

 

千春(ちはる)
ひなたと同じ幼稚園に通う女の子。勝気な性格でひなたをライバル視している。
しかし、お絵かきやサンドアートなど、ひなたに連戦連敗している。

 

咲夜(さくや)
ひなたと同じ幼稚園に通う女の子。口数が少なく、表情も乏しい。
ひなたと同じく人生をやり直している節があるが・・・。

老女的少女ひなたちゃんの感想

イイネ、イイネ!こういう強くてニューゲームみたいな話、大好きだよ!

 

しかし、今までにも"若い頃からやり直す"みたいな設定の漫画はいくつかあったけど、おばあちゃんが幼女になるってのは初めてだ。

 

そのせいでひなたちゃんの容姿と言動のギャップがスゴイ。幼女が「だべ」とか「っぺよ」とかババア言葉を話すんだぜ・・・w

 

見た目は可愛い幼女なのに中身はババア。萌えるんだか萌えないんだかよく分からねぇw

 

俺も強くてニューゲームしたいなぁ。だけどイザそうなったら、精神年齢的に同級生と遊べるかどうかはちょっと不安だ(>_<)

 

このひなたちゃんは、中身がBBAだということを親には黙ってるんだけど、それで正解だと思いました。

 

だって、可愛い赤ちゃんが生まれたと思ったら、中身は自分よりも年上ってショックでかすぎるw

 

親の前では子供を演じるのが正解でしょうな。こうやって考えてみると、記憶を持ったまま生まれ変わりも色々と面倒臭そうだ。

 

ところでこの漫画は時代設定はどうなってるんだろう??

 

三芳とよが死んだ直後に転生したのか?それとも長い年月をかけて転生したのか?

 

あと、咲夜ちゃんは元はどんな人間だったのかとかも気になるし、これはこの先も追いかけたい漫画だと思いました。

このページの先頭へ